自慰行為(オナニー)で自分の手では容易に射精できて、精液を抜いてすっきりさせることが出来ても、女性との性交ではまったく射精できない人もいます。
この現象を「男性膣不感症」といいます。
または、「膣内射精障害」とも言われます。
一般的に、不感症は女性のことを思い浮かべますがそれの男性版と考えれば理解しやすいでしょう。

 

性交時に、パンパンに腰を振っても射精できずに、気持ちよくないので遂には疲れ果てて萎えたりすることがあります。
こうなるってきますと、中折れと男性膣不感症の合併症となります。

 

こうなる原因は童貞のままアダルトな過激映像を見ながら、オナニーをやりまくってしまったために性行為では手を使った自慰行為ほど気持ちよくないので射精できないということです。
最近では、モザイク一切なしの映像がインターネット経由でいくらでも見ることができて、男性膣不感症の男性が増加しているとも言われています。
人工的に作りあげた映像に慣れ過ぎて、実際に性交すてもあまり性の喜びが感じられなくなります。
セックスをしても、膣はヌルヌルしているだけでペニスを挿入しても気持ちよくないので絶頂まで達することができない人は典型的な中折れタイプといえます。
脳の中で性的なイメージが育っていないことが、射精できない最大のポイントです。

 

一昔前には、過激な映像がないため官能小説を読みながら、自然に性的な脳内イメージを育てることができたことが、膣内障害射精の男性がほとんどいなかったのです。