中折れが多い年齢層は何といっても40代と50代で合わせて50%以上になります。
その中でも特に多いのは、40代後半から50代後半で会社の組織の中で重要な地位を占めている年齢だといえます。
ということを考えれば、男性の更年期障害による男性機能の不調や性欲減退と重なって、仕事におけるストレスが大きく中折れに関わってきます。

 

これらの年齢の次に多いのが30代、60代、20代と続きます。
70代以上の方も中折れをする方が多い気がしますが、ペニスが反応しなく勃起そのものをしない男性が多数を占めると思われます。
年だからと諦めて、性行為に挑戦しようとする人も少ないでしょうが、インターネットを利用する比率も少ないですし、必然的に精力剤を手にする機会も減ります。

 

年齢的な症状の変化は、20代では緊張して勃起しない例が多く、30代から中折れの悩みが増えてきて、40代から50代にかけては中折れが大部分を占めています。
また、40代以上の男性では、中折れや勃起不全の原因になる生活習慣病の高血圧や糖尿病の罹患率も高くなる年齢であります。

 

60代以上になると中折れに以前に勃起の硬さ不足やセックスをする始めから勃起しないなどの悩みが増えてくる傾向があります。
さらに。70代以降はしばらくペニスを使っていないので男の自信を失っている方も多いです。

 

勃起不全や中折れで悩む人は年齢を超えて多いのです。
この日本には、約1,100万人が抱えている問題なのです。