妻を愛している男性に中でも、性交渉中に萎える人がいるようです。
セックスの前戯は愛の証なので気を使って十分な時間をかけるようにしていますが、この間に萎えて焦ることもあります。
こんなことでは、自分の愛が頓挫しているように思えて、悩みに悩んでしまいます。

 

妻を愛していないかのような自分がとても辛くなる可能性もありますので、即効性のある薬に頼りたくなる気持ちになりやすいです。

 

このような男性は、気配り型の「勃起不全・中折れ」、または純情型の「中折れ」の症状といえます。
とても、純情で気配りをする男性は、勃起する力を愛する力であるという固定観念を持っているようです。

 

それは、全く関係ないことで家庭の外で愛していない女性に勃起する男性がいるし、ホテルで初めて会った女性と結合状態になれる人もいるのは確かです。
そのために東南アジアへツアー旅行へ行く中年オヤジもたくさんいます。

 

愛と性は必ずしも一致しているものではありませんし、愛まで中折れしていると思うのは勘違いで気にしすぎなのです。
中折れするのは、愛が弱いからでなく単純に勃起不全の症状であるといえます。
短期戦ではなく数ヶ月で中折れを治すような気持ちの方がいいでしょう。

 

恋人や妻の口や手では何の問題もなく勃起して射精できる男性が、女性の膣の中では途中で中折れして萎えてしまう方がいます。
こういった状況を「ぐうたら中折れ」といいます。

 

自分から腰を激しく振ってまではセックスしたくないけれど、楽してサービスを受けるならまあいいかといった感じの状態です。
ソープランドに通いすぎた人が、過激なサービスに慣れてしまって「マグロ男」のようになってしまいます。
「ぐうたら勃起不全」、「殿様型中折れ」とも言われています。
確かに、ソープランドではお客として行くわけですから、至れり尽くせりの世界ですのでそれが日常生活とのギャップでペニスが中折れするのも無理はありません。

 

しかし、現実逃避していては性交が上手くいかないままになってしまい、何より男性のやる気が最も中折れを早期の治す決めてになるでしょう。